さくら組とは・・・

ニャートンは中学&高校で体操競技部、龍谷大学でトランポリン部に所属し、アクロバットの基礎を学ぶ。また、大学受験の浪人生時代に勉強の息抜きとして、家にあったテニスボールでジャグリングを始める。

 

クーピーは大阪芸術大学で落語研究会に所属し、笑いを学ぶ。また金谷暢雄氏のパントマイム教室でパントマイムを学び、スマイリー田中氏のマジックアシスタントを務め マジックも学び、ジャグリングは、ニャートンから学ぶ。

 

お互い大学在学中にパフォーマーデビューし仕事現場で知り合いになり、1999年11月 自分達の結婚披露パーティーにて、さくら組のコンビを結成!その後、高度な曲芸を身につけるため、曲芸界の大御所であるラッキー師匠の元で修行し、ニャートンは新たなる倒立アクロバットの技、クーピーはバランス芸、2人にはくわえばちのボールパッシングなどを伝授して頂き、結成当時よりも曲芸を強化し、さらに自分達独自の演出を加えて新生さくら組のショーを構成する!